ばあちゃんの「手」を見て感じたこととは?

ばあちゃんの「手」を見て感じたこととは?

 

こんにちは!大西広大です。

この前の休みの日は、大阪にいるばあちゃんに会いに行ってきました~

ばあちゃんは去年体調を崩し、それからは老人施設にいるんですが、

日によって元気な時と、そうでない時と色々あります

この前行った時は、元気な日だった♪

 

スタッフさんいつもありがとうございます

おやつの時間~

久しぶりによく話してたし、ご飯も美味しそうに食べていたし

なにより笑顔がみれた

それがなにより嬉しくて、良かったなぁって思いました

94才

大正生まれ

大正時代ってどんな時代だったんだろうね

戦争もあったし

大変な時代だったんだろうな

ばあちゃんはその中で頑張ってきたんだろうな

ばあちゃんの小さくて、曲がってて、シワシワの手をみてると、それがとても伝わってきます

 

まだまだ元気でいてください♪

「まだ迎えがこうへんなぁ」と本人も言ってます(笑)

ばあちゃんや年配の患者さんもそうだけど、自分より年上の方の経験や話は、とても勉強になるし、言葉ひとつひとつに重みを感じます。

その生きた話を聞けることは、若者にとってはとてもありがたいこと

ばあちゃんや患者さん、いつもありがとうございます!

 

 

その後は、久しぶりに献血に行ってきました~

注射は苦手だけど、飲み物無料だし。、お菓子もらえるし、ゆっくり出来るし


ちょっと献血にハマってます(*^^*)

 

「体」と「心」元気に♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)