顎関節症(アゴの痛み)改善には○○が効く!

顎関節症(アゴの痛み)改善には○○が効く!

 

こんにちは!大西広大です。

今日は「顎関節症」についてのお話

 

顎が痛い。顎がカクカクいう。

など、顎に痛みや違和感を訴える方はとても多いです。

これを一般的に顎関節症といいます。

 

顎の関節がスムーズに動いていない、動きが悪い。

これらが痛みの原因なのですが、動きが悪くなるのにはさらに原因があり、

元々の顎関節のかみ合わせが悪かったり、歯のかみあわせが悪かったり、日常的によく頬づえをつく、片側だけをつかって食事をする、歯ぎしりをする、歯をグッと噛みしめるなどがあります。

そして、これらの原因に共通していえることは

 

咬筋の緊張です

 

咬筋とは名前のとおり、噛む筋肉です

 

 

 

なにかを食べたり、噛んだりしたときに働く筋肉で、ほっぺに手をあて、軽く歯をカチカチ噛みしめると膨れ上がるので、すぐにわかると思います。

この咬筋の緊張(硬さ)が顎の動きを制限し、その結果痛みにつながるのです。

 

なので、顎関節症でお困りの方は

咬筋を緩める

これにつきます

 

その方法としては、指を使ってマッサージするのが効果的なので、自分ひとりでも行える「咬筋セルフマッサージ」をお教えします♪

 

咬筋セルフマッサージ(右の咬筋)

 

①まず歯を軽くカチカチと噛み、咬筋の場所を把握します

 

②指4本をつかって、軽く円をかくようにマッサージします(約1分)

 

③このとき口は軽く開けて、リラックスしておいてください

④反対側も同様におこないます

 

これを朝・晩おこないます

 

毎日継続していくと、咬筋が緩んでいき、顎の痛みが軽減していくのがわかると思います。

ぜひ顎関節症でお困りの方は参考にしてください(*^^*)

 

※ 咬筋が硬くなる原因として、噛みグセや、頬づえ、片側で食べるなどがありますので、それらも意識して改善するようにしてください。

無意識に歯をくいしばってることありませんか?

一度、チェックしてみてね~

 

「体」整えて「心」元気に♪

腰痛でお悩みなら京都市下京区にある「大西整骨院」へ

京都市下京区にある大西整骨院は「腰痛の改善に強い」ことで口コミが拡がり、遠方からもたくさんの方が来院されている整骨院です^^
→大西整骨院のホームページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)