自分を受け入れる「自己受容」とは?

自分を受け入れる「自己受容」とは?

 

こんにちは!大西広大です。

人の悩みの大半は人間関係だと言われています

親子関係だったり、パートナーだったり、上司だったり・・

 

その人間関係を良好にするには、まずベースとなる人間関係を良くすることが重要です。

それは一体誰との関係なのか?

 

それは自分自身との関係です。

 

あなたがどのくらい他人のことを受け入れられるかは

あなたがどのくらい自分のことを受け入れているかと比例します

 

つまりは、自己受容できるようになると、他者受容もできるようになります

 

逆に、こんな自分ではダメだと自分を受け入れてない人は、他人を受け入れることができません

他人のことを認められなかったり、許せなかったり、人に厳しい人は

自分のことを認められてなかったり、許せていなかったり、自分に厳しい人です

 

なので、人間関係を良好にする1番のコツは

自分のことを受け入れる、「自己受容」することです

 

ここで自己受容について説明します

自己受容とは自己肯定とは違います

自分は内気である。

でも、それを「内気なことは素晴らしい!」と思ったところで、どこか無理がありますよね。

 

そうではなく、内気な事が良いとか悪いとかではなく

「自分は内気なんだな、それが自分の性格なんだな」

とまずそれを認めて、受け入れること

それが自己受容です。

 

それができるようになってくると、少しずつそのままの自分のことを認めることができてきて、小さな自信が生まれます。

そうすると、他人のことも許せたり、大目に見れたりすることが出来てきます

 

他人との人間関係を良好にするコツは

まず、自分の嫌なところ、恥ずかしいところ、弱いところを良い悪い関係なく、自分の特徴とし、そのまま受け入れる。

それが最初にやるべきことで、とても重要なことだと言えます。

すると人間関係の悩みが減ってきます

悩みや不安がなくなり、心が元気になると、見える世界が変わり、体も健康になっていきます。

これはとても素晴らしいことです♪

ぜひ参考にしてください(*^^*)

※ 参考文献 「心眼力」野口嘉則著 サンマーク出版

 

「体」と「心」元気に♪

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)