なぜ鎖骨の下をほぐすと肩こりがマシになるの?

「肩がこってツラい」 これは多くの方が感じていることではないでしょうか?   僕は肩こりの施術をする際、決まってある場所をさわります。   肩ではなく、違うところを。。   それは   鎖骨の下。 筋肉でいうならば小胸筋です。     実はこの小胸筋。背中にある肩甲骨とつながっていて、小胸筋が硬くなると、同時に肩甲骨の動きも固まってしまいます。 すると、肩回りの血流が悪くなり、肩こりを引き起こしてしまうのです!   なんとまぁ!   肩こり改善には肩甲骨の動きを良くすることが超大事! なので、小胸筋を緩めることは肩こり改善にとって超重要なのです!   実際、肩こりがヒドイ患者さんの小胸筋を押さえると ほとんどの人が 「イテテテテテ!」 とおっしゃられます笑   小胸筋は知名度が低いのであまり重要視されず、硬くなってしまっていることが多いのですね。。   残念!     なので肩こりでお悩みであれば、普段あなたがおこなっている首・肩のストレッチに加えて 小胸筋をほぐすことをされると、効果はさらにアップします。   ちなみに小胸筋の場所は鎖骨の下にあります。鎖骨の下から乳首に向かって、扇状に広がっています だいたいの場所がわかれば、中指と薬指を使って円を描くようにほぐしていきましょう。 グリグリグリグリ 左右ともに1分ずつ(朝・晩) 痛いけど気持ちいい強さでおこなってね(*^^*)   ぜひ参考にしてください~   「体」と「心」元気に♪  ]]>