もしも交通事故にあったときは、どうすればいいか?

もしも交通事故にあったときは、どうすればいいか?

 

こんにちは!大西広大です。

よく患者さんに聞かれる質問です

「先生のとこは交通事故の治療もみてもらえるんですか?」

はい。ウチは交通事故治療にも対応しています。

 

交通事故によるケガは自賠責保険が適応されます。

むちうち症や腰痛、ねんざ等の痛み・違和感に対してしっかりと適切な治療を行います。

 

初めは痛みや症状が軽くても、後から症状が強くなってくることが多々ありますので、ご自身で判断しないで、まずは専門家に診てもらい、治療するようにしてください。

ここで、交通事故にあった場合の流れを載せておきます

 

交通事故治療の流れ

1. 事故が発生

まず警察と加害者の保険会社に必ず連絡してください。

被害者自身も自動車保険等に加入している場合にはそちらの保険会社への連絡もしてください。
加害者の運転免許証を提出してもらい、住所・氏名を確認し、車のナンバーも必ず控えておいてください。

 

2. 病院に行き、診断書の発行

交通事故に遭い、ケガをした場合、まずは総合病院や整形外科、外科などで診てもらい、必ず診断書を発行してもらってください。

自分では大丈夫だと思っていても、意外と重症である場合があります。軽い症状だと思って放っておくと、後から痛みやしびれが出てくることも多々あります。

また、大きなケガは無くても、身体のだるさや倦怠感、頭痛、腰痛、吐き気などで悩まれる方がとても多いです。

 

3. 所轄警察署への届け出

事故が発生した場所の所轄警察署へ行き人身事故扱いにしてください。

この届け出をしてないと、その交通事故は物損のみの事故扱いになってしまう事があります。

 

4. 加害者の保険会社から連絡があったら

保険会社の担当者に整骨院で治療を受けることを伝えてください。

 

5. 整骨院での治療を開始します。

※交通事故による自賠責保険適応の場合は窓口負担はありません。[ 0円 ](医師の診断書をご持参下さい。コピー可)

 

こんな感じで、治療はスタートしていきます。

交通事故というものは突然起こるため、被害者はどうしていいかわからず、パニックになってしまう方が多いです。

そんな時は、まず落ち着いて、「とりあえず警察に電話する」

これだけ覚えといてください。

そこからは上記の流れになります。

 

もしも。の時はぜひ参考にしてください~

 

「体」整えて「心」元気に♪

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)