モノゴトが上手くいっている人といってない人との違いは○○するか、しないか。

モノゴトが上手くいっている人といってない人との違いは○○するか、しないか。

 

こんにちは!大西です。

最近、色々な人を見ていて、気づいたことがあります

 

それは、モノゴトが上手くいっている人は

まず出している(与えている)

ということ

 

これは”出すと入るの法則”という、自然界の法則なのですが

 

たとえば呼吸

その字のごとく、まず吐いてから(呼気)、吸います(吸気)

人が生まれるときには「オギャー」と産声と共に息を吐き、

人生の最期は、息を引き取ります

他にも

出入口、出納長、ギブアンドテイク・・などなど

この世の中のすべては出すことから始まっているのです

 

それを知っているのか、感じているのか

モノゴトが上手くいっている人はまず出す(手放す)、または与える

をおこなっていると思います

 

自分からなにかを手放す、あるいは与えることは、不安になったり、損した気持ちになったりすることかもしれません

それでも自分から手放したり、与えたりしています。

 

すると、不思議とその相手だけでなく、違うところ(周り)から、助けてもらったり、出したもの以上のものが入ってきたり、収益があったり、思いもよらなかった良いできごとや結果が起こったりします。

良い循環が生まれるんですね♪

 

それとは逆に、流れが止まっている人

例えば、なんでもかんでも「欲しい欲しい」「損したくないけど利益だけほしい」「自分だけが良ければいい」

または何かに「執着」して手放せない人は、モノゴトが上手くいってないことが多いように思います。

 

それをすることは、とても怖いけど、損するけど、それでも自分から手放す(与える)

自分がしてほしいことは、自分が先にする

愛してほしければ、まずは愛する(愛を与える)

そして

手放した(与えた)からといって、見返りを求めず、別にそうならなくてもいいや。と思う。

それが良い循環を生むコツだと思います。(これをしてあげたんだから、こうしてよね!って言われたら、嫌ですもんね)

 

モノゴトが上手くいっていて、幸せそうな人を見ていると、こういうことを、常に実践されているな~と最近よく感じます♪

 

なので、僕ももっともっと、自分の執着を手放したり、与えていけるような人になりたいと思いました(^^)

 

これを読んで、なにか「ピン!」と来たあなたは、それを意識するタイミングなのかも?

ぜひぜひ、参考にしてもらえればと思います(*^^*)

 

久々の天一

やっぱり天一は正義だ!

 

「心」と「身体」元気に♪

腰痛でお悩みなら京都市下京区にある「大西整骨院」へ

京都市下京区にある大西整骨院は「腰痛の改善に強い」ことで口コミが拡がり、遠方からもたくさんの方が来院されている整骨院です^^
→大西整骨院のホームページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)