「老子」から学ぶ幸せな人生の過ごし方とは?

「老子」から学ぶ幸せな人生の過ごし方とは?

 

こんにちは!大西広大です。

僕は、昔からあって今現在も伝えられているものにとても興味があります

それは健康や美容だけにとどまらず、考え方にまでおよびます

その中で、僕が好きな考え方があります

 

それは「老子」の思想

 

老子とは、春秋戦国時代の中国における哲学者。


姓は李。名は耳。字はたん,老たんとも呼ばれていて、無為自然の道を説いた人です。

 

無為自然とは、作為がなく、自然のままであること。
どういうことかと言うと、ことさらに知や欲をはたらかせず、自然に生きること。

つまりは自然の流れに逆らわず、ありのままを受け止めて生きることです。

自然には自然の法則があり、それに逆らうと病気になったり、命を落としたりする。

なので、自然の流れに逆らわず、素直に生きることが最も賢いという考えです。

 

確かにそうだと思いませんか?

 

目の前のものごとを受け入れられなくて、それを回避したり、余計にどうにかしようとカラ回りして、エネルギーを使ったり、それで体調を崩したり、気が病んだりする人は多いと思います。

それならば、起こることは全て自然の原則でおこっているので、それを受け入れて過ごした方が身体にも心にも健康だと思います。

 

無為自然。
好きな言葉です。

 

また、何事も過ぎると破滅を招く。
得て満足するのではなく、あるがままの現実に満足すること。

足るを知るものは富む。
これは有名な言葉ですね

人間って欲望の生き物だから、人と比べて、あれが足りない、これが足りない、もっとこうしたい、こうなりたい、手に入れたい!と求めだしたらキリがありません。

すると、何事にも満足できず、最後には逆に多くのものを失うことになります。
また、心が平穏になることはありません。

どこか良いところで、満足すること。

これはとても大事なことだと思います。

もう充分。もう満足です。

これが言えると、人に与えることができます

見返りを求めず、与えることができます

もう自分は満足しているから、あとの分はあなたにあげるよ

すると、結局は自分にかえってきます

これが足るを知る者は富むです。

自然の法則です。

 

他にも老子の考えで勉強になることはたくさんあります

それはまた別の機会に書きますね♪

 

何千年も前に生きていた人の考え方が、現在でも活かされているってすごいことだと思いませんか?

僕はそこにロマンと、何年たってもみんな同じ人間なんだ~という安心を感じます。

もしこの考え方良いな~と思ったら、ぜひ実践してみてくださいね♪

僕もそうしてますので(*^^*)

 

「体」と「心」元気に♪

 

 

 

 

 

腰痛でお悩みなら京都市下京区にある「大西整骨院」へ

京都市下京区にある大西整骨院は「腰痛の改善に強い」ことで口コミが拡がり、遠方からもたくさんの方が来院されている整骨院です^^
→大西整骨院のホームページはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)