冷シップか温シップか? 腰痛に効果的なのは・・?

 

こんにちは!大西広大です。

今日は患者さんからよくある質問にお答えしたいと思います。

「先生~腰痛には冷シップか温シップどっちがいいんやろ??」

とよく聞かれるんですが

ズバリお答えします

冷シップなのか・・温シップなのか・・

その答えは・・・

どっちでもいいです笑!

え!うそやん笑!

と外から声が聞こえてきそうですね笑!

でもほんとにどっちでもいいんです。というのも、基本的にどちらも消炎鎮痛剤に変わりはなく、用途としてはほとんど同じなんです。

そもそもシップって?

シップはあくまでも消炎鎮痛剤。

メンソール作用で冷たく感じるほうが好きか、カプサイシン作用で温かく感じる方が好みか。その差だけです。

なので、どちらがいいかというのは個人のお好みによると思います。

冷シップのほうがスッとして気持ちいい。温シップの方が暖かくて心地いい。それで全然オッケーだと思います(^^)

ただ、症状によっては悪化する場合があるのでご注意を!

※ 急性の症状(捻挫・打撲や腫れ)には冷シップの方がいいです。

温シップだとカプサイシンの作用で腫れや痛みがきつくなる可能性がありますので!

そこだけ注意してもらえれば、あとは貼ってあなたが心地良いほうを選んでください(*^^*)

ちなみに、ほんとに患部を冷却したり、温めたりする場合、シップでは十分な効果が得られません。

なので、しっかりと冷却したい場合は氷嚢や氷を使用し、温めたい場合は入浴やカイロなどを使用してくださいね。

「体」と「心」元気に♪

 

腰痛でお悩みなら京都市下京区にある「大西整骨院」へ

京都市下京区にある大西整骨院は「腰痛の改善に強い」ことで口コミが拡がり、遠方からもたくさんの方が来院されている整骨院です^^
→大西整骨院のホームページはこちら

ご予約・お問い合わせ

住所:京都府京都市下京区京極町502水原ビル202

営業時間:10:00~22:00(最終受付21:00 土曜のみ17:30)

定休日:火曜日

TEL:075-353-5003

お気軽にお問合せください♪

この記事を書いた人

大西 広大

京都市下京区にある大西整骨院の院長です。
健康と美容について、みなさまのお役に立てる情報を発信しています。
顔・身体が整うと、同時に心も整います。
心健やかに毎日を送ること。これが何よりも大切♪
「毎日を楽しくイキイキと過ごしてほしい!」をモットーに、日々患者さまの笑顔づくりに励んでいます(*^^*)

フェースブックページ