ストレスが影響?痛みの本当の原因とは?

それらの原因っていったいなんでしょう? それはほとんどが仕事や家事など、日常生活でのその方の体の使い方にあります。 あとは姿勢や体の使い過ぎなど。 僕は、それらの改善の指導を患者さんにはお伝えするのですが、もうひとつだけ!痛みの原因となる強力な原因があるのです。 何だと思います?? それは、ストレスです! ストレスっていうか心の問題ですね。 心になにか悩み事や苦しみがあると、体はすぐに反応し、痛みや不調を引き起こします。 これはある意味、姿勢や疲労よりも強力かもしれません。 現にずっと慢性腰痛で苦しんでた方が仕事がイヤでイヤで、ある時、有休をとって1週間ハワイに旅行に行かれました。 ハワイに行ってる間、その方の腰はどうだったと思います? 日本に帰国されてお聞きすると「あ、楽しすぎて忘れてました」ですって! ズコー!っと僕はこけそうになりましたが、痛みや不調の本質はそこにあるんだな。という新しい気づきになりました。 これを理論的に説明すると、自律神経の乱れや脳からの指令など、色々理由があるのですがそれについては、またの機会に書きたいと思います。 とにかく、心のストレスというものは、僕たちが思っている以上に強力に体を蝕みます。

あなたは自分のストレスに気づいてますか?

ストレスには2種類あって、ハッキリ自覚できるストレスと、自分では気づいていないストレスとがあります。 前者の方はそのまま解決にむけて、取り組めばいいのですが、問題は後者の方。これがなかなか厄介! 自分ではストレスを感じてないつもりでも、体に症状(肩こりや腰痛、脱毛や肌荒れ、不眠症、めまい、耳鳴り、胃痛など)が出ている人は、自分では気づいてないストレスがある可能性があります。 そういう方は、一度静かな空間でひとりになって「自分はいったい何に対して悩んでたり、怖れてたり、悲しんでたり、怒りを感じているのだろうか」と自分と向き合ってみることをオススメします。 紙とペンを用意して紙に、感じることをそのままに書き出してみてもいいかもしれないですね~。誰に見せるものでもないので、感じたことをそのまま書いてください。 そうして、自分と向き合ってみると意外にも「このことについて悩んでいたのか」ということが発見できます。それと同時に頭の中も整理されます。 問題解決はその後のことですが、まず大切なことは「知ること」です。 もし、あなたがずっと体の痛みや不調でお困りであれば、ぜひ一度ためしてもらえればと思います(^^)   「体」整えて「心」元気に♪]]>