【知ってましたか?】体温が1℃低くなると〇〇が30%も低下する!

【知ってましたか?】体温が1℃低くなると〇〇が30%も低下する!

 

こんにちは!大西広大です。

寒い。寒すぎる・・

僕は寒いのが大の苦手なので、冬はつらいです。。

 

あまりにも寒がりなので

実は僕って低体温なのかなぁ?と体温を測ってみたら

 

なんと36.8℃!!

 

ちゃんと十分な体温がありました(笑)!

なんか安心しました。。

 

ここで今「体温」という言葉が出ましたが

あなたの体温はどのくらいですか?

ちゃんと36.5℃以上ありますか??

 

実は人体のあらゆる臓器は36.5℃以上の体熱で快適に機能します。

つまりは、36.5℃以下だと十分に臓器が働いていない状態にあります。

体熱が低いと血行が悪くなる。

すると、血液は細胞にとってのエネルギーですから、それが滞るということは臓器や筋肉の働きが悪くなり、痛みや不調につながります。

ガン細胞も低体温を好んでおり、35℃でもっとも増殖すると言われています。

 

なので、自分の体温は一体どのくらいなのか?

また、体温が低いと分かれば、体温を上げていく必要があります!

あなたの健康のために!

 

体温が上がれば、臓器の働きが良くなるだけでなく、免疫力も上がります!

体温が1℃上がるごとに免疫力は30%あがるといわれています。

これは風邪などをはじめ、病気になりにくいということ。

 

また、体温が1℃上がると代謝も12%上がるといわれています。

つまり、痩せやすい体になるということ。

これは痩せようとダイエットを頑張っている人には、嬉しい情報ですね♪

 

このように、体温が高いという事は体にとってはメリットばっかりなのです。

 

健康な体を手に入れるにあたって、今日は体温の大切さを理解してもらえたと思います

 

ぜひ、あなたも自分の体温を測ってみて、今じぶんはどんな状態なのか?を知ってほしいと思います。

 

次回はどうすれば体温を高くすることができるのか?

について書きたいと思います(*^^*)

 

「体」と「心」元気に♪

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)