【驚き!】椎間板ヘルニアの原因は〇〇にある?

 

こんにちは!大西広大です。

「椎間板ヘルニア」

この病名を聞いたことがある人は多いと思います。

骨と骨との間にある椎間板が老化や過度の負担により、外に突出してしまい、神経を圧迫し、痛みを引き起こす。

これだけ聞くと、なんか怖いですよね?

でも・・

安心してください!

椎間板が突出しているからって、必ずしもそれが痛みの原因とは限りません。

本当の腰痛の原因とは?

実は、アメリカの研究機関で”ヘルニア患者と健常者(腰痛がない人)を何人か集め、同時にMRI検査(画像検査)をする”といった実験を行ったところ、健常者にも椎間板の突出が認められたそうです。

これは何を意味するのかというと、椎間板の突出 = 腰痛 ではないということ。

実際に臨床でも椎間板ヘルニアの手術をしたのに、術前と痛みが変わらないとおっしゃられる方。けっこう多いです。

もし、椎間板の突出が原因になっているなら、突出部分を除去したら痛みはとれるはずですよね?

それがとれない。うーん。。

では、その方の本当の原因は何なのでしょうか?

それは「筋肉」です。

え?筋肉!?と思うかもしれませんが、はい。筋肉です。

筋肉は本来は柔軟性があり、柔らかいのですが、硬くなったり、緊張したりすると痛みを引き起こします。

そして、その硬くしこりになっているところ(トリガーポイント)を中心に、他の部位にまで痛みが伝達されることもあります。

こんな話があります。アメリカのケネディ大統領はとてもきつい腰痛だったとのこと。

そこで医師に診察してもらうと、この痛みの原因は椎間板ヘルニアだと診断され、手術を行いました。

が、痛みはまったく変わりませんでした。そこで別の医師に診てもらうと、この痛みは筋肉(トリガーポイント)の痛みです!ということで、トリガーポイントを緩める治療を行いました。

すると、痛みは劇的に軽減し、改善したとのことです。

痛みの原因は椎間板ヘルニアではなかったんですね

これを期に、痛みの原因は筋肉(トリガーポイント)にあるということが世に広まりました。

今では、筋骨格系の痛みのうち、85%が筋筋膜性疼痛だと言われています。

つまり痛みのほとんどが“筋肉による痛み”なのです。

なので、椎間板ヘルニアと言われ、不安になり、怖い思いをされている方。

そんなに心配することはありません。

痛みの原因が筋肉によるものならば、その筋肉を柔らかくすることができたら、その腰痛は改善します。

椎間板ヘルニアと言われたからといって、そんなに怖がる必要はありませんよ~

それよりも、「筋肉を緩めると腰痛は改善する」このことをまずは知ってほしいと思います。

良かったら参考にしてください(*^^*)

※ 下肢の麻痺や、排尿排便障害がある方は手術をする必要があるので、お医者さんにご相談ください。

「体」と「心」元気に♪

 

 

 

 

 

 

腰痛でお悩みなら京都市下京区にある「大西整骨院」へ

京都市下京区にある大西整骨院は「腰痛の改善に強い」ことで口コミが拡がり、遠方からもたくさんの方が来院されている整骨院です^^
→大西整骨院のホームページはこちら

ご予約・お問い合わせ

住所:京都府京都市下京区京極町502水原ビル202

営業時間:10:00~22:00(最終受付21:00 土曜のみ17:30)

定休日:火曜日

TEL:075-353-5003

お気軽にお問合せください♪

この記事を書いた人

大西 広大

京都市下京区にある大西整骨院の院長です。
健康と美容について、みなさまのお役に立てる情報を発信しています。
顔・身体が整うと、同時に心も整います。
心健やかに毎日を送ること。これが何よりも大切♪
「毎日を楽しくイキイキと過ごしてほしい!」をモットーに、日々患者さまの笑顔づくりに励んでいます(*^^*)

フェースブックページ