物事が上手くいかない時は自分の「前提」を見直す?

物事が上手くいかない時は自分の「前提」を見直す?

 

こんにちは!大西広大です。

僕、今「心屋仁之助」さんの本にはまっています♪

心屋仁之助さんっていう有名な心理カウンセラーの方なんですけど、説明や表現がすごくわかりやすくて、とても理解しやすいんです。

以前はよくテレビにも出演されていました

 

何冊か本を読んでいて、とてもおもしろいと思ったところがあったので

今日はそれをシェアしますね

 

人は大前提で生きている

生きていたら良いことも嫌なこともありますよね?

でも、あまりにも嫌なことや悪いことばかりが続くと

 

「なんで自分ってこんなにうまくいかないんだろう」

「いつも失敗ばかりする」

 

と考えて、余計落ち込んだりします(僕もけっこうあります)

でも、それって実は自分がその現実を作っているんです

 

私はやっぱりダメだ。

やっぱりうまくいかないんだ。

 

という、うまくいかない証拠を集めているんです

 

そしてそれを見て「やっぱり」と言って落ち込む。。

こんな流れになっているそうなんです

 

その「やっぱり」の根底には

「どうせ」があります

 

どうせ私はうまくいかない

どうせ私は失敗する

 

その「どうせ」を証明したくて「やっぱり」な証拠集めをする

 

これが負のサイクルです

 

この「どうせ」の部分

それがあなたの大前提なのです

人は自分の”考えや思い込み”を前提として物事を判断し、生きています

 

つまり「どうせ〇〇」と思ってることは「やっぱり〇〇」の現実を作っちゃうんですね

 

すごいですよね~人間の心理って!

なので、今までのパターンを変えるには

「どうせ」のあとの言葉

 

これを変えることです!

 

いつも物事がうまくいかない人は

どうせ私は物事がうまくいく

 

自分に自信がない人は

どうせ私は素晴らしい

 

自分は人に好かれないと思ってる人は

どうせ私は愛されてる

 

と口に出して言ってください

 

この時にすごく違和感や抵抗があったり、恥ずかしい気持ちが出たりする言葉

心屋さん曰く、それに対して自分が抑圧していたり、認めていないことなので

違和感を感じる言葉ほどその人にとって、とても必要な言葉だそうです

 

初めは違和感があったり、ムズムズしてもいいから常に口に出して言い続けること

これがコツだそうです

 

僕も色々言いにくい言葉があるので、実践しています!

良かったら参考にしてください(*^^*)

 

参考書籍 いい人をやめてスッキリする話 著者心屋仁之助 三笠書房

 

「体」と「心」元気に♪

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)